無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第一話
(なまえ)
あなた
「いやああああああ!」
此処は夜の学校
私はただ忘れ物を取りに来た筈なのに今・・・化け物に追われてます
呪霊
「アアアアアア!」
(なまえ)
あなた
「来るなーーーーー!!!」
どうしよう・・・・このままじゃ捕まる・・・!
その時だった
五条 悟
五条 悟
「そこの子~ちょっと下がって~」
(なまえ)
あなた
「へあっ!?だ、誰!?」
五条 悟
五条 悟
「いいから、いいから」
(なまえ)
あなた
「あ、はい・・・・」
取りあえず言われた通り、下がる
するとその謎の人はよく分かんないけど化け物を倒していく
(なまえ)
あなた
「す、凄い・・・!」
五条 悟
五条 悟
「はい、終わり」
化け物はきれいさっぱり消えていた
(なまえ)
あなた
「あ、あのっ!」
五条 悟
五条 悟
「ん~?」
(なまえ)
あなた
「助けてくれてありがとうございました」
五条 悟
五条 悟
「怪我はない?」
(なまえ)
あなた
「あ、はい」
五条 悟
五条 悟
「・・・君さ」
(なまえ)
あなた
「はい?」
五条 悟
五条 悟
「さっきの奴見えてたんだろう?」
(なまえ)
あなた
「え?あ、はい・・・」
五条 悟
五条 悟
「・・・・なるほど」
(なまえ)
あなた
「?」
五条 悟
五条 悟
「君、名前は?」
(なまえ)
あなた
「え?えと、蒼月あなたです」
五条 悟
五条 悟
「あなた、君さ呪術師にならない?」
(なまえ)
あなた
「・・・・へ?」
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
うp主
うp主
「皆さんどうもこんにちは。うp主です!」
(なまえ)
あなた
「あなたです」
うp主
うp主
「謝罪・今まで全然書けなくて本当にごめんなさい!色々ありまして」
(なまえ)
あなた
「これからはなるべく早めに更新させます」
うp主
うp主
「どうかよろしくお願いします。」
うp主
うp主
「東方シリーズと呪術廻戦シリーズ、どちらもよろしくお願いします。」
(なまえ)
あなた
「ではまた次回」
うp主
うp主
「またね」