無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27話 突撃!
玄関フロア…
マイ
マイ
おっじゃまっしまーす!
(なまえ)
あなた
(正々堂々入るなぁ!)
「なんだ⁉︎誰だこのチンチクリン…!」
マイ
マイ
……うざっ。
「…へ?餓鬼が調子乗んじゃねぇよ。」

「弱体化した武器一丁前に使いやがってw」
マイ
マイ
…消えなさい。
「( ;∀;)」……

敵がみるみる倒されていく。
マイ
マイ
…。
マイ
マイ
女の子の怒りって怖いのよ💢…♡
どうやらマイはチビと言われるのが嫌なようだ。

怒りを買わないようにしなければな。
レオン
レオン
…次行こうか。



第2階…大廊下にて。
ロイ
ロイ
ここは私が
ミユ
ミユ
私が行くわ。
ロイの前にミユが立ち塞がった。

鋭い眼光が敵を睨みつけ敵が硬直する。
ミユ
ミユ
…。
「ひっ…」
的が合わさった瞬間。

黒ずくめの男は後ずさった。
「カチリ」と引き金を引いた。
ミユ
ミユ
…あら?インクが出ないわ。
「下手な武器使ってるから…そうなんだよ!」

男はミユに近づいた。

チャージャーは隙を取られると確実にヤられる。
ミユ
ミユ
…それは…どうかしら…ね?
くるりとミユが回転し手首を掴み背負い投げる。

ミシリと骨が…。


…まって敵さん大丈夫…?
カイ
カイ
…いや物理って。
カイくんがみんなの気持ちを代弁してくれました。

(本人は聞こえないふりをしたそうです)



2階…廊下を抜けた先階段にて
ハヤテ
ハヤテ
塗りながらイカで進んだ方が
チャージ→発射を繰り返していたハヤテ。

「うがぁ( ;∀;)」
ハヤテ
ハヤテ
…なんかヤったわ。
(なまえ)
あなた
(運の良さ…凄いな)
3階 応接間
マイ
マイ
応接間なんて見る必要ある?
ロイ
ロイ
とにかくある分見ておくの。損はない。
カイ
カイ
…敵いない?