無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13話
(なまえ)
あなた
(…やっぱスピナー重い!)
ハヤテ
ハヤテ
うぅ…これ腕疲れるよ〜!。゚(゚´Д`゚)゚。
しかもこんな顔されたら…もうどうすればいいんだ。

リアクションに困ることをするな…。
(なまえ)
あなた
(スピナーはチャージ中が…狙い目)
(なまえ)
あなた
⁉︎
マイ
マイ
隙を見せる方がダメなんだよ〜♪
スピナーの動きに気を取られ周りを見ていなかった。
レオン
レオン
塗り広げた。キルは頼む。
いつの間にか塗りも広げられている。
リク
リク
塗り広げられて距離詰められて…
なんとか近接爆風で防げてるけど…。
マイ
マイ
りょーかい!それじゃさくっと……。
みんなも苦戦していてサポートも出来ない。
ミユ
ミユ
っ…スピナー…遠距離…
ハヤテ
ハヤテ
ふぇぇ…こ、これどうすればいいのぉ⁉︎
(なまえ)
あなた
……。
マイ
マイ
あんたやけにあっさりしてるよね。
マイは僕に向けていた武器を下ろした。
(なまえ)
あなた
…さっさとヤればいいじゃん。
マイ
マイ
…ざんねん。
(なまえ)
あなた
⁉︎…なにが
マイ
マイ
Time upよ。
終了の笛が鳴り響いた。