無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

51話
ハヤテ
ハヤテ
…すいませんでしたぁぁぁぁ!
ロイ
ロイ
すいませんで済むなら…警察はいらねぇ。
ハヤテ
ハヤテ
ぷぎゃ!
(なまえ)
あなた
ろ.ロイ…その辺に…僕怒ってないから…ね?
ハヤテ
ハヤテ
うぅ…あなた〜(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
(なまえ)
あなた
よしよし…(*´ー`*)
マイ喫茶店にて反省会?が行われていた。
(なまえ)
あなた
違う一面のハヤテも見れたし楽しかったよ?
ハヤテ
ハヤテ
へ?…
リク
リク
あなた。
店内に静かにリクの声が割って入った。
リク
リク
嘘でもそういう事言ったらダメだ。
(なまえ)
あなた
へ…?…うん。分かった。
リクの氷の目が僕の眼を見つめる。
(なまえ)
あなた
う〜ん…嘘ではないんだけど…
カランコロン♪
マイ
マイ
いらっしゃいませ〜♪何名様ですか?
ロイ
ロイ
‼︎…
ロッカ
ロッカ
1人よ。
ロイ
ロイ
(何で…お前が生きてる…!)
ロッカ
ロッカ
隣…失礼するわね。
入ってきた客はロイの隣に座った。