無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話
ロイ
ロイ
弱い奴は要らない。
マイ
マイ
お、お姉ちゃん…そんな言い方…。
ロイ
ロイ
確かにお前は弱くない。

サポートだって前衛だって完璧だよ。
ハヤテ
ハヤテ
だったら…
マイ
マイ
お姉ちゃん!もうこれ以上は…
(なまえ)
あなた
(やばっ!こっち来る!)
「トントン」
(なまえ)
あなた
…ん?
(なまえ)
あなた
…‼︎
レオン
レオン
ぁ〜待って待って
引かないで縦振りしないで殺ろうとしないで!
(なまえ)
あなた
…攻撃しないんですか?敵でしょ?
レオン
レオン
そのー僕たちのチーム仲間割れしちゃって…
(なまえ)
あなた
…一時休戦と?
レオン
レオン
そうゆう訳…ではだめですかね⁉︎
レオン
レオン
⁉︎…びっくりした…。
ミユ
ミユ
…クソッ。掠った…もう1発…
(なまえ)
あなた
あぁー待ってミユちゃんstop‼︎
ミユ
ミユ
は?何でよ?
(なまえ)
あなた
一時休戦!「カモン!」
僕の声を聞いたみんなが駆けつけた。
ミユ
ミユ
休戦だそうよ。
リク
リク
何があったんだ?
カイ
カイ
説明してもらった方が早そうだね。
レオン
レオン
俺はレオン。

俺以外のみんな自陣で喧嘩しちゃってさ…

自陣から出てこないんだよねー。
リク
リク
通りでのんびり塗れたわけだ。
(俺の武器塗り不利なのに)
ミユ
ミユ
てかなんで喧嘩なんかしたのよ。
(なまえ)
あなた
…。
レオン
レオン
はー…話すと長くなるかもだけどいい?
ミユ
ミユ
出来るだけ手短に頼むわよ。
レオン
レオン
はいはい。
レオンは喧嘩の原因について話し始めた。