無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話
(なまえ)
あなた
もぅ…絶対教えてくれないの?
カイ
カイ
ぜぜぜぜぜーったい!
リク
リク
緊張しすぎ…w
今は僕の家にいます。

なんとか理由を知りたくても教えてもらえず…。

頭下げても教えてくれない…。
(なまえ)
あなた
にしても無茶だよ。だってリク上手いもん。
カイ
カイ
えっと…リクさん?ウデマエって…
リク
リク
リクでいいぞ。

平均A帯〜S帯かなぁ…。
カイ
カイ
…(・ω・)。
(なまえ)
あなた
…(・ω・)。
リク
リク
おいなんだその顔は。
カイ
カイ
…僕そんな凄い人と戦ったんですか…。
リク
リク
えっと…カイ…はウデマエなんだ?
カイ
カイ
…B帯〜C帯…で…//////
リク
リク
そっか。なら…
ポスとカイの頭の上にリクは手を乗っけた。

そのままよしよしする。
リク
リク
……まだまだ成長出来るな。
カイ
カイ
…(о´∀`о)
(なまえ)
あなた
…(僕、空気なんだけど)
(なまえ)
あなた
今日泊まってく?
カイ
カイ
ふぇ⁉︎
リク
リク
カイ。迷惑になるし家帰ろうぜ。
カイ
カイ
はい!一緒に帰りましょう!
リク
リク
家どっちだ?
カイ
カイ
えっと…こっちの方角です。
リク
リク
お。途中まで一緒だな。じゃーな。
リクとカイが出て行った。




ロイ
ロイ
…見つけた。リク。
↑いや誰よ