無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話
カイ
カイ
ちょっと…ミユ…落ち着いて…。
ミユ
ミユ
…落ち着いてられっかよ。
座り込んでいた少女がいきなり立ち上がった。

かと思うと鋭くこちらを睨んできた。
ミユ
ミユ
…あんたらか。チーム組むの。
(なまえ)
あなた
そう…です。足引っ張んないよう頑張ります!
恐る恐る顔をあげると…
リク
リク
⁉︎
(なまえ)
あなた
⁉︎
いきなり手を取られ
ミユ
ミユ
足引っ張るとか考えんな。
(なまえ)
あなた
…ふぇ?
ミユ
ミユ
私がみんな守るからよ!♬
(なまえ)
あなた
小声…「なんかテンション高くない?」
カイ
カイ
あー…それは…
ミユ
ミユ
倒せないなら私がみんな倒してやるよ!
あ。もしかしてこの子…戦闘狂…。
(なまえ)
あなた
小声…「…ごめんカイくん何となく分かった」
カイ
カイ
そう…。
リク
リク
君名前は?
いきなりリクが立ち上がった。
ミユ
ミユ
…ミユ。
ミユはいきなりリクの顔を覗き込んだ。
リク
リク
…なんだよ。
ミユ
ミユ
君強そうね。
リク
リク
…俺?別に強くはないけど…。
(なまえ)
あなた
強い人は自分のこと強くないって思ってる。
リク
リク
ちょ…
カイ
カイ
…それ自分強いって言ってるも同然ですよ。
次から次へと釘を刺していく。
(なまえ)
あなた
それじゃあチーム決めるよー。