無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

80話
マイ
マイ
ハイカラスクエア到着!
綺麗な青空が広がりイカやタコが
(なまえ)
あなた
何かタコ少ないね。いつももっと居るのに。
ロイ
ロイ
あの物騒な事件があってからは…ね。
きっかけも分からずタコの少女が自ら命を絶った…

あのニュースだろうか。
(なまえ)
あなた
わっ…びっくりした…。
ロイ
ロイ
まさかお手伝いみんな来てくれるなんてね。

…こっちよ。
ロイ以外(……え?マンホール…?)

案内されたのはマンホールのような…もの。

そして傘をさした着物の人が中に潜って消えてしまった。
ハヤテ
ハヤテ
…ここに潜るの?

僕警察見習いでもこんな所知らない…。
カイ
カイ
…大丈夫なの死なない?
僕ら死んだらこの作品進まないよ
作者
作者
カイくんそこツッコミNGよ。
そして潜ってみると…
目に入る大きな屋根の建物。

傘を差す白髪のイカ少女。
ヒーロー
ヒーロー
ホタル。帰ってきたわ。
(なまえ)
あなた
…ロイ⁉︎
髪色も変わり服装もいつものロイではなく…。
レオン
レオン
ロイ…?

でも声がロイのまんまなんだよな…。
ホタル
ホタル
どうも、みなさんごぞんじ 有名アイドル
「シオカラーズ」の ホタルで〜す。
全員「……。(いきなりびっくりした)
ホタル
ホタル
ありゃ?
…まぁ、いいか。
ホタル
ホタル
ここはね〜
警察(ヒーロー)専用の場所なんだけど…
ヒーロー
ヒーロー
大丈夫ホタル。友達だから。
ホタル
ホタル
そうなの?
ヒーロー
ヒーロー
資料整理…手伝ってもらう。
ホタル
ホタル
じゃあいいや。みんな以後よろー。
ホタルと呼ばれる少女に大きな屋根の建物へ案内してもらい
ヒーロー
ヒーロー
この大量の紙束は
今までのヒーローたちの記録。
ヒーロー
ヒーロー
順番バラバラになってるから直して欲しい。
(なまえ)
あなた
おぉ…なかなかの量だねぇ。
パチンパチン…。
カイ
カイ
半分行ったぁぁ。゚(゚´Д`゚)゚。
マイ
マイ
ね。これ超疲れる〜!あ。ロイこれは?
マイが手にした紙束は個人情報の紙束だった。
ヒーロー
ヒーロー
ありが
ロイは直ぐマイから紙束を奪い木屋から出た。
ヒーロー
ヒーロー
ホタル!これ…っ‼︎
ホタル
ホタル
⁉︎なにコレ?…何で…
紙を見ると…
(なまえ)
あなた
名前…ロッカ。

特別異能所持者。

研究科警察官。

〇〇▷▲年入科。

〇◇▼☆何…退科。
ヒーロー
ヒーロー
…!
(なまえ)
あなた
なにこれ…。
ホタル
ホタル
ロッカはとても心の優しいヒーローだったよ。
インクの音が聴こえた。
ロッカ
ロッカ
ドプンッ
ロッカ
ロッカ
後をつけて来て正解ね。
ロッカ
ロッカ
私はロッカ…。

敵のタコを捕縛し家に連れ帰った。

そして実の娘も…

あなたたちの大切なお友達の命を奪ったのも…
この世の物と思えない笑みで
ロッカ
ロッカ
わたし。
その女は言った。