無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21話 前編
※今回もリク視点でお送りいたします。by作者。
リク
リク
……ん。
目が覚めると寂れた地下室に居た。

地下室…と言うのだろうか。
リク
リク
…檻。
閉じ込められた。

…周りに誰も居ないのだろうか。
リク
リク
(ここまでは作戦通り…)





実は…↓(19話のかくかくしかじかを詳しく)

カイ
カイ
研究員?リッカのお父さんとお母さんが?
マイ
マイ
なんの研究員なの?
リッカ
リッカ
…分からない。教えてくれないの。

けど嫌な予感がする。
ロイ
ロイ
正体を探ってくれ。ってことね。

別にいいけど…難しいわね…。
リッカ
リッカ
…小さい頃。

親との約束を破ったことがあるの。
リク
リク
約束?
リッカ
リッカ
我が家にはね…

てか私の家…病院なんですかど…

小さい頃からずっと地下室があるの。

でも、入っては行けないんだって…。
リク
リク
あ…入ったのね。

てか家病院なのねすっげー金持…ゴホン。
リッカ
リッカ
はい!今はもう廃病院ですけど…
何か思い出したのかその時のリッカは震えていた。

俺は静かに背中をさすった。
マイ
マイ
ゆっくりでいいよ。
マイがそっとジュースを差し出す。

リッカは一口飲むと話し始めた。
リッカ
リッカ
錆び付いた鉄の匂い。

暗い長い細い道。

たくさんの助けての叫び声。

…人がたくさん閉じ込められていたの。
ハヤテ
ハヤテ
人が⁉︎……何人も…。
リッカ
リッカ
振り返るとお母さんとお父さんがいた。
リッカ
リッカ
…約束を破ってしまったのね。って…

私も閉じ込められた。
カイ
カイ
大勢の大人の中に…っ?
リッカ
リッカ
ある日母がやって来て…こう言った。

「あなたたちは研究材料なの。」
リク
リク
研究材料…人が?
ロイ
ロイ
人を使った研究…人体実験…。

嫌な趣味ね。
リッカ
リッカ
私一度材料として引き取られたことがあった。
リッカ
リッカ
とても怖くて…必死に逃げ出した。

まぁバレちゃったけど。
ハヤテ
ハヤテ
それで…どうなったの?
ロイ
ロイ
その施設の場所は覚えてる?
リッカ
リッカ
…忘れたくても忘れられないです。
ロイ
ロイ
それじゃ案内してもらいましょ…
カイ
カイ
けど正面から突っ込んでも…
マイ
マイ
だったら!…
リッカ
リッカ