無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

63話
※ リク視点。

前回60話にてあなたがハヤテを看病しておりました。

その続きの番外編となります!

そして本編に繋がります!
リク
リク
(俺は…見てしまった…)
何故か知らないがあなたがハヤテの家のドアをノックする。

返事がなく怪しいと思ったのか

ゆっくりとあなたがドアを開けた。
(なまえ)
あなた
ハ…テ?どした…?大変…急いで…
(なまえ)
あなた
待ってて…すぐ運ぶ…!
あなたはハヤテをおんぶして部屋の中へと入っていった。

そしてしばらくするとあなたが出てきた。
リク
リク
よぅあなた。…何か慌ててるみたいだけど?
自然を装って聞いてみると…
(なまえ)
あなた
今日ね…ハヤテと遊ぶ約束してたんだけど

中々ハヤテ来なくて…

家行ってみたらハヤテ倒れてて…
リク
リク
え⁉︎大丈夫なのか⁉︎
(なまえ)
あなた
一応吐き気とかは無いみたい。

夜ご飯作ったら帰ろうかなって…。
俺は想像した。

まぁ…男子なら分かるかもしれないが…。
(なまえ)
あなた
ん?
リク
リク
…俺もついて行っていいか?

女子1人じゃなんかあったらあれだろ。
(なまえ)
あなた
…リクは
(なまえ)
あなた
リクは…女の子として見てくれるんだね。
リク
リク
…当たり前だ。早く行くぞ。
スーパーに行き夜ご飯を買い…
(なまえ)
あなた
ただいま。
マイ
マイ
おかえりー!大丈夫だった?
リク
リク
…なんでお前らがいる?
カイ
カイ
あなたから連絡もらってさ。

一応何かあった時困らないようにって…
ミユ
ミユ
あんたらだけじゃ不安だからね。
リク
リク
…。
これは俺が来る意味があったのだろうか。
(なまえ)
あなた
夜ご飯だよー。
レオン
レオン
ハヤテ起きれる?
ハヤテ
ハヤテ
んん…大丈夫。もうだいぶ楽だよ。

にしてももう夜遅いね…。
‼︎まさか…その台詞は…
ハヤテ
ハヤテ
みんな泊まって行く?
やっぱり言ったぁぁ!


言うと思った!

絶対言うもん!男子は大体泊まれって言うから!






…まぁあなただけではなくて良かった…?のか?

レオン
レオン
本当?いいの?
ハヤテ
ハヤテ
うーん…けど1つ問題が…
ハヤテ
ハヤテ
…ベットが4つしかなくて…。
レオン
レオン
え?それなら2人づつで行けるんじゃないの?
ハヤテ
ハヤテ
そう思ったんだけど…
ミユ
ミユ
…ロイがいない。
(なまえ)
あなた
なんでロイいないの?
マイ
マイ
お姉ちゃんならとっくに家で寝てるよ?
…これが意味するはつまり…
リク
リク
(男女混合…の確率があると…⁉︎)