無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

55話
ロイ
ロイ
…ふぅ……きゃ!すいませ
ロッカ
ロッカ
…静かに。
ロイ
ロイ
えっ…‼︎
首元に手を回されおまけに口を塞がれた。
ロッカ
ロッカ
…私について来て。
ロッカは外に出てしまった。
ロイ
ロイ
…(何かありそうね)
ロイ
ロイ
マイ。
あなたたちの様子見てくるから店頼むわよ。
マイ
マイ
はーい♪
そっと店を出るとロッカが手招きしていた。
ロッカ
ロッカ
…あなた…私のこと覚えてあるかしら?
憎む眼で睨まれ怖くて逃げ出せない。
ロイ
ロイ
…ロッカ…リッカの母親。
ロッカ
ロッカ
私はあんたが

特殊な力を持ってることを知ってるわ。
ロイ
ロイ
‼︎…
ロッカ
ロッカ
そして…私もあんたと同じよ。





私も同じように特殊な力を持ってるわ。