無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31話
レオン
レオン
(なまえ)
あなた
レオン?……どうしよう返事が…
ハヤテ
ハヤテ
…見たところ大きな外傷もない。

出血もない。

恐らくは高い所から落ちた衝動による脳震盪。
ハヤテが真上を見上げながら言った。

床を見ると床板がバキバキになって落ちている。

ここから落ちたのだろう。
ハヤテ
ハヤテ
この症状だと…一時的な意識不明だね。

安静にさせること。
カイ
カイ
詳しいねハヤテ。
ハヤテ
ハヤテ
まぁ…僕は警察の中でも
怪我した人の手当て専門目指してるから。
警察にもいろんな種類があるんだなぁ…ではなく
(なまえ)
あなた
…………。
何で同じ所から落ちたのに自分たちはあんな遠くで…?
(なまえ)
あなた
…みんなはレオンを見てて。
(なまえ)
あなた
僕は…ここを調べてくる。
ハヤテ
ハヤテ
けど…危ないよ…。
(なまえ)
あなた
大事な証拠が隠れてるかもしれないでしょ?
(なまえ)
あなた
とにかく!お願い!
僕は念の為ビーコンを設置した。
(なまえ)
あなた
いざとなれば直ぐ飛んでこれるし!
カイ
カイ
…気をつけてね…?
(なまえ)
あなた
わかってる!