無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話
激しくインクが飛び交う。

向こうのスパイガジェットは防御も攻撃も同時進行なので

こちらは防戦一方。
ロイ
ロイ
守ってばっかじゃ勝てないわよ?
リク
リク
2対1でもこれかよ…。ハァ…ハァ。
(なまえ)
あなた
(リクのブラスター…攻撃特化。
 傘を壊した隙に…攻める!)
サブウェポンのカーリングを投げ素早く接近する。
ロイ
ロイ
また…
少女は素早く防御を展開する。
(なまえ)
あなた
…お姉さん。
(なまえ)
あなた
後ろ…ガラ空きですけど。
ロイ
ロイ
‼︎…しま
ミユ
ミユ
ほぃ。1枚抜いた。
リク
リク
だぁぁ!俺の手柄ー!…ん?
リク
リク
ミユ!後ろだ!
ミユ
ミユ
ん?……‼︎
ミユが素早く後ろに飛び退く。
ミユ
ミユ
あなた…回線落ちたと思ったら…いたのね。
マイ
マイ
いるよ〜♪
(本気で落ちそうだったけど)
(てか怖くて隠れてたなんて言えない)
マイ
マイ
…ちぃ。避けられちゃった♪
マイ
マイ
ハヤテもレオンも…味方でしょ?

私1人はキツいんだけどー!
レオン
レオン
いや…お前は割と武道派だからいけ…
マイ
マイ
女の子にその口の利き方はダメだなぁ…

みんな!この黒いの倒していいよ♪
リク
リク
えぇ……。
独特の世界観を持つ少女を目の前にまともに思考できない。
マイ
マイ
むぅ〜…分かった!1人は嫌なんだよね?
レオン
レオン
えっ…?
ぷにぷにとレオンの頬を引っ張ると
マイ
マイ
じゃあ一緒に♪それなら寂しくないでしょ?
レオン
レオン
…うん?←よく分かってない
マイ
マイ
ハヤテもぉ〜!強い所証明するの!
ハヤテ
ハヤテ
ぇ…僕…強くない…。
マイ
マイ
いいから!
ここで証明すれば姉さん認めてくれるよ!
ハヤテ
ハヤテ
…頑張る!
なんだこの独特なチームは…
リク
リク
(スプラマニューバーコラボに…
 ホクサイ…
 ハイドラントカスタム…。)
(なまえ)
あなた
(ホクサイは広範囲攻撃…塗りも最適。
 マニューバーはローラーでは穫りにくい。
 リッター4Kでも抜けるかどうか…。
 ハイドラントはチャージ中に…。)
レオン
レオン
ええっと…気を取り直して行きまっせ!…?
一時休戦したバトルが再び始まった。