無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

78話
※リク視点でお送りいたします(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
(なまえ)
あなた
………ん
リク
リク
…。
ころんと寝返りを打つと目の前に少女が静かに眠っている。

リク
リク
(こいつは小さい頃から変わんないな)
リク
リク
……警戒くらいしろよ?
小さな手をぎゅっと握る。

また何もなく静かに時間だけが過ぎていく。
リク
リク
…(あいつのこと好きなのかな)
リク
リク
…(たとえゲームの告白でも本気で…)
(なまえ)
あなた
……おはよぅ…リク…。
リク
リク
(うぇっ⁈あ…起きた!)おは…おはよ。
俺は急いで握っていた手を離した。

そして自然に距離を置く。
リク
リク
みんな降りてるし俺らも
(なまえ)
あなた
リク泣いてる。
リク
リク
は?
目元を拭うと涙が出てきた。
(なまえ)
あなた
リク。昨日の王様ゲームの時覚えてる?
リク
リク
…。
(なまえ)
あなた
くじ…変えてくれたよね?
リク
リク
それは…俺とカイばっかじゃ面白く
(なまえ)
あなた
ほんとは違うでしょ?
あなたの声はどこか震えていた。
(なまえ)
あなた
最近リクずっと変。
周りのみんなも変。
(なまえ)
あなた
だから…心配する。
ぎゅっとあなたは優しく俺を抱きしめた。
(なまえ)
あなた
…あなたは僕のこと嫌い?
リク
リク
嫌いじゃない!
(なまえ)
あなた
…ほんとに?
リク
リク
うん!
(なまえ)
あなた
…ほんとにほんとに?
リク
リク
うん!
(なまえ)
あなた
本当に?
リク
リク
うん!
(なまえ)
あなた
じゃあ好き?
リク
リク
うん!………////_φ(・_・/@/
リク
リク
…お前ぇぇぇぇぇぇ‼︎
(なまえ)
あなた
…嬉しいけど友達でいて欲しい。
リク
リク
……。
リク
リク
当たり前だ。
リク
リク
だって…友達として…の好きなんだろ?
(なまえ)
あなた
おぉ…さすが騙されなかったか…。
リク
リク
別に…今の関係のままがいい。
涙が止まらなかった。