無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

93話 (カイ視点)
レオン
レオン
まさかみんなで学校行くことになるとはぁ〜♪
ハヤテ
ハヤテ
レオン。道中では静かにしないと。
…まさかみんな学生だったとは。
カイ
カイ
(この交差点を抜けた先には
 3つの学園が存在する。)
カイ
カイ
(1つめは…海王律公立高校)

(2つめが海王律国公立大学)

(そして3つめは月永公立高校)
レオン
レオン
僕ね〜海王律公立高校!
ロイ
ロイ
私もレオンと同じね。
ハヤテ
ハヤテ
僕は海王律公立高校の

上の方の坂にある海王律国公立大学です。
レオン
レオン
じゃあね〜みんな〜。
レオン。ハヤテ。ロイの3人と別れる。
ミユ
ミユ
まさか同じ学校だったなんて…。
カイ
カイ
驚いたね…。
陸
…。
…なんだろう。

すっごいモヤモヤする。
カイ
カイ
…陸?
陸
……。
カイ
カイ
…ごめん陸。
陸
は?何が…
カイ
カイ
僕…学校遅れるって連絡しといて!
陸
は?何で
カイ
カイ
さっきの喫茶店…行ってくる!
ミユ
ミユ
ちょっと…カイ⁉︎
僕は後ろを振り返らずただ走った。

ーなんだか嫌な予感がする。
陸
マジかよ。俺お前のクラス知らねーのに…
ミユ
ミユ
大丈夫。私分かるから。
陸
は?
ミユ
ミユ
私は月永公立高校3年…生徒会長。
ミユ
ミユ
あんたも私のこと位知ってるでしょ?
陸
(ごめんなさい集会の時いつも寝てます…)