無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

81話
大切な…友達?
(なまえ)
あなた
……っ
頭の中に1人の少女の姿が掠める。
リッカ
リッカ
……。
(なまえ)
あなた
(誰だ…誰…)
リク
リク
特別異能って…「チーター」か?
ハヤテ
ハヤテ
特殊な力を持つ者…

神の生まれ変わりとして古くから讃えられた。

しかし時代いくつもずっとそうではなく

その特殊な力を悪用する奴らも出てきた。

そいつらを「チーター」と呼んだ。
そして一度知ってるセリフ…。
資料に目を通したリクは女に言った。
ロッカ
ロッカ
この世には幾人か何か特別な力を持って
生まれる人がいるみたいね。
ロッカ
ロッカ
私と…そこの少女…ロイのように。
ロイ
ロイ
‼︎…
マイ
マイ
お姉ちゃん!
何か察したのかマイはロイの前に躍り出た。
ロッカ
ロッカ
私は助けに来てあげたのよ。
ロッカ
ロッカ
 今のあなたたちは
    正しい道を逸れて生きている。
ロッカ
ロッカ
そこの少女によってね。
ロイ
ロイ
‼︎…
レオン
レオン
なに…どういう事だ?
ロッカ
ロッカ
彼女の力…それは
ロイ
ロイ
…私は特殊な力を持っているわ。
ロイがゆっくり話始めた。
ロイ
ロイ
私は…記憶を書き換えることができるの。