無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第86話

RE.0
春馬
春馬
ふぁぁぁ…
やっぱゲーム世界は目が疲れるな。
春馬
春馬
…ん?
スマホの通知オンが鳴る。

母から夜ご飯の買い出し以来のLIN〇だった。
春馬
春馬
スプラ…ダウンロード版…買いに行かなきゃ。
春馬
春馬
ゲーム買うついでだし…
母に「分かった」と一言返信しておく。

そして玄関を出た。
春馬
春馬
うわっ‼︎
陸
わっ…
春馬
春馬
って陸!どしたの?
陸
そりゃこっちのセリフだっつーの。

珍しいな引きこもりのお前が…。
青い目をした目の前の男。

名前は陸。

小さい頃からの幼なじみと言う奴らしく

僕と同じでゲームが好きと言うこともあり

引きこもりの僕の世話を任されている。








〜陸視点
陸
はい。学校のプリント。
陸
お前登校日数ヤバいぞ。

今週日曜補習来いって先生言ってたぞ。
春馬
春馬
えー。
陸
で?お前学校休んで何してんだ?
春馬
春馬
スプラのダウンロード版買いに行こうと…。
陸
おめーカセット版この前買ったって

LIN〇で言ってただろ…。
春馬
春馬
カセット版とダウンロード版は全然違います。
春馬
春馬
てか陸とリグマ組みたいー。

ダメ?
陸
だーめーだ。
陸
お前が今度こそちゃんと補習行ったら
考えてやる。
春馬
春馬
じゃあ頑張る。
陸
おう。



…やっぱゲーム世界でも現実でもお前はお前だな。
陸
ふぅ。
俺は鞄を置きゲームを付ける。
陸
さて…
リク
リク
今日もいっちょ頑張るか。
リク
リク
(…いつになったら気づくんや…)
「灯火を宿して」に続く…。