無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
リク
リク
今日プラベするか?
(なまえ)
あなた
プラベかぁ…いいけどリク強いじゃん。
カイ
カイ
敵になると手も足も…
1vs1で戦っていた時のことを思い出したのか

カイの声は震えていた。
リク
リク
あ。じゃあさ、リグマやろうぜ。
(なまえ)
あなた
けどリグマって2人か4人だよね…?
カイ
カイ
人数…合いませんね…。
リク
リク
う…じゃあ………….どうする?
こっちに意見ぶん投げてきたよ電話越しに…。
(なまえ)
あなた
誰か友達誘ってみたら?
リク
リク
カイ、お前誰か知り合いいねぇの?
カイ
カイ
…あー…いるにはいるんですが…。
リク
リク
(なまえ)
あなた
カイ
カイ
とりあえず…呼んだらいいですか?
数分後…
カイ
カイ
ロビーにいるみたいです。行きましょう。
ロビーに到着…
ミユ
ミユ
…遅せぇ豚共。
(なまえ)
あなた
⁉︎…(・ω・)(…豚?イカ…だけど)
リク
リク
……(・ω・)?(…豚?)
カイ
カイ
……(´-ω-`)
何故か怒られました。