無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

40話 ロイ視点
涼しい風が窓から吹き抜ける。

現在…マイ喫茶店。
マイ
マイ
良かったぁ!みんな無事だったのね!
(なまえ)
あなた
てかよく2人無事だったね。
リク
リク
なんとかなぁ…けどまさかダイナモの…
全員(ダイナモの重みで建物倒壊とはなぁ…)
ハヤテ
ハヤテ
…(・ω・)。

てかほんとリク大丈夫だったの?
リッカ
リッカ
拘束されて落とされた時は
どうなるかと思いましたけどね〜…ほんとに。
リク
リク
ベットごとビーコンに飛んで
そのままベットごと体当たりして
ベット粉砕壁粉砕して
無理やり逃げ出してパーフェクトだ。
ロイ
ロイ
(ベットごとって…よく飛べたわね…)
リク
リク
にしても…
何があったのか本当思い出せないんだよなぁ。
マイ
マイ
みんなで宝があるって言う
館に足を踏み入れて…

そこから記憶がないのよねぇ〜。

たしか何かスイッチ踏んだら
館が爆発しそうになって…





…私はまた一つ大切な罪を担ってしまった。




(なまえ)
あなた
本当に何があったのか…。





あなた。ハヤテ…カイ。

もしかしたら他にもバレていたかも知れない。
ロイ
ロイ
…(私はまた記憶を消してしまった。)
ロイ
ロイ
(ミユがおかしくなったことも…
 
 私が…ヒーローであることも…

 …チーターのことも…能力のことも。

 縄張りバトル後の…何も知らない私たちに。





これで…良かったんだ。
ロイ
ロイ
(人は本当のことを知るのが怖い

 …真実を見つめないで虚言を吐く.
ロイ
ロイ
…それが…
本当の幸せ。
ロイ
ロイ
(…あなたが望んだのは本当に幸せ?)






刑務所
リッカ
リッカ
(これで…良かったんだ。)
リッカ
リッカ
(私が居なくなることでみんな幸せ。)
リッカ
リッカ
…アリガトウ。ミンナ。( ´ ▽ ` )