無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32話
(なまえ)
あなた
…いた。
僕が言葉を発したのとカチリと当てられたのは同時だった。
ヒーロー
ヒーロー
…誰?
背後から声が聞こえる。

…正体は分かっている。
(なまえ)
あなた
…その仮面を取りなさい。
ロイ
ロイ
…あらら…バレちゃった?
(なまえ)
あなた
…まぁ戻っていいよ。
ヒーロー
ヒーロー
…よっいしょ。
このカッコいちいちするの疲れるんだから…
(なまえ)
あなた
それはすみませんでしたぁー♪
ヒーロー
ヒーロー
ぜんっぜん反省の気持ちなし。
ヒーロー
ヒーロー
…何で分かったのよ。
(なまえ)
あなた
んん〜何となく?
ヒーロー
ヒーロー
…何それ。
逃げようとしたヒーローの手を掴んだ。
ヒーロー
ヒーロー
…なに?
(なまえ)
あなた
あんたさ。自己犠牲の精神強すぎ。
上着を脱がすと身体中傷を負っていた。

…。
ヒーロー
ヒーロー
‼︎…
ヒーローの上着のポケットに僕は手を入れた。

ある物を手にする。
(なまえ)
あなた
…これ。どうしたの?
僕の手にはカッターが握られていた。