無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話
(なまえ)
あなた
ちょっと…カイくん?どうしたの
(なまえ)
あなた
⁉︎…カイくん?
ロビーで泣いていたカイくんに話しかけると

いきなり抱きついてきた。
カイ
カイ
うぅ…。
(なまえ)
あなた
リク‼︎これは一体どう言うことなの⁉︎
リク
リク
…あなた、これは…
カイ
カイ
違うんです…僕がお願いしたんです。
(なまえ)
あなた
…なんで
なんで泣くほどの思いをしてまでバトルを…
カイ
カイ
僕が…お手合わせを願ったんです。
カイ
カイ
理由は…まだ言えないですけど…
(なまえ)
あなた
なにそれ…
僕はカイくんの頬をぷにっと引っ張った。
(なまえ)
あなた
カイくんのいじわる…。
カイ
カイ
…あはは♪( ´▽`)
いたずらに微笑むとカイくんは微笑み返してくれた。






 
リク
リク
(閲覧者のみなさん…助けてください)
リク
リク
俺…空気なんですけど。
未だカイくんとリクの性格とかが定まらないです…。

口調とか不安定になるかもだけどよろしくです♪( ´▽`)