無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🤍
緑谷出久
轟くん!! お昼一緒に!!
轟焦凍
悪ぃ緑谷…いや…トガヒミコか…?? わからない…
緑谷出久
ッ………
轟焦凍
あなた、食堂へ行くぞ。
緑谷出久
飯田く…
飯田天哉
行こう、峰田くん。
緑谷出久
青山く…ん…は…いつも教室で食べているか……
麗日お茶子
(デクくん…可哀想やけど…トガヒミコ…)
蛙吹梅雨
(ほんと可愛そうね…)
麗日お茶子
(だってあなたちゃんが危険って言う人やで…)
蛙吹梅雨
(また林間の時のようになるかもしれないわ)
麗日お茶子
(うん…)
緑谷出久
ッ…………
あなた
………!?
轟焦凍
あなたどうした
あなた
(嘘だ……)
轟焦凍
緑谷がどうした
あなた
(私…なんで…はやく……)
轟焦凍
顔…青白いぞ…??
あなた
ごめん…なんでもない……
轟焦凍
隠さないでくれ、溜めるだろ
あなた
ッ…………















出久の心の中は独り言で全て聞こえてた











だからずっと出久のこと1番わかってた























つもりだった
























出久は今…明らかに辛そうな顔をした……











なのに…心の声が聞こえてこなかった…











たまたまじゃない…それなら私は…











独り言が心の声だと思ってただけ……











だから裏切られたなんて思ったんだ……











あいつは最初から……



















あいつは最初から私を……!!!!!!

























信じてくれてなんかいなかった!!!!!!!!!!



















あなた
クッ……((怒りに耐えている))
轟焦凍
あなたどうした??
あなた
((同じ空間に居る事が耐えられない……))
轟焦凍
((視線の先は…緑谷か……?? ))
あなた
((同じ空気を吸っている事が耐えられない……))
切島鋭児郎
おー!! デートか轟!!!!
轟焦凍
爆豪!!!!
爆豪勝己
……!!((怒ってやがる…!!))
轟焦凍
あなたがおかしい…!!










ポタポタ((拳強く握りすぎて血出る))










切島鋭児郎
血!?!?
爆豪勝己
クソッ…
あなた
((嫌ならなんで今まで一緒に居たんだよ…))
爆豪勝己
おいゴラ((顔の目の前に顔))
あなた
……!!
切島鋭児郎
近くね!?!?
爆豪勝己
落ち着け
あなた
ハァ…ハァ………
爆豪勝己
何キレてんだよ
あなた
ごめん…
爆豪勝己
デクがなんかあったんかよ
あなた
いや、多分あれは出久。トガちゃんじゃない。
切島鋭児郎
多分?? お前心の声聞けるから本物か分かんじゃね??
あなた
(………出久の声は聞こえない)
爆豪勝己
は??
あなた
おそらく…秘密にしている事が一定以上ある…多すぎる……
轟焦凍
だから聞こえないのか…
あなた
…………ごめん食べよう蕎麦
轟焦凍
あぁ