プリ小説

第2話

お花摘みタイム~🌟
なぎょん
なぎょん
ふう、すっきり~
あなた
あなた
ねえ、ちゃんとスカートはいてから出てきて、きもい
((これほんとよ??私の友達スカートをはきなから出てくるからね??下、短パンだけど笑笑
なぎょん
なぎょん
あ、すんまそ
あなた
あなた
ういっす
あなた
あなた
まだ、うるさいね
なぎょん
なぎょん
みんな、トイレの前で出待ちしてんのよ
あなた
あなた
は、変態かよ笑笑
あなた
あなた
てか、出待ちってアイドルやん笑笑
なぎょん
なぎょん
はやぐ~教室もどろ~
なぎょん
なぎょん
まじでとける
あなた
あなた
そんなこと言ったって通れないじゃん笑
なぎょん
なぎょん
じゃま~
「あ、なぎょんちゃんとあなたちゃんだ~
「やっぱり美人~!!
「俺告ろっかな笑
「いや、お前じゃ無理笑笑
あなた
あなた
まじで、みんな邪魔にならないぐらいにしよ~ね
なぎょん
なぎょん
は~い、みんな教室戻るよ~
「あの2人に言われたらね…?
「かーえろ、暑すぎるし
「なに?可愛いからって調子乗ってる??
「それな、うざ
出待ちされてるイケメンくん2人出てくる
じみん
じみん
え、あの子優しいね
てひょん
てひょん
それな
てひょん
てひょん
てゆうか、美人
じみん
じみん
おもった~
てひょん
てひょん
とりま、もどろ~
じみん
じみん
てゆうか、女の子たちいなくなってる
なぎょんちゃんとあなたちゃんが言ってたこと聞いてたよね
((でも、2人は自分たちが行きたかっただけよね笑
なぎょん
なぎょん
いこ~
あなた
あなた
おん、
2階へ~
((あの、トイレ1階にしかないってゆう設定でいきましょ、じゃないと話続かないっすわ
すいまへん
それから毎日トイレに行く度にはあの2人に会う
((ある意味、怖いけどスルーで
きみを見れるのはトイレの時か教室移動の時ぐらい、あと、登下校とか
いつも、目を細くしてにこにこ笑う君に少しずつ惹かれていった
かといっても、喋ったこともないし目すらあったこともない、これからどうしろと
でも、結構攻めるタイプのあなたちゃんは、これからじみんくんに近づこうと、、、
((なんか、展開はやくてごめんなざいm(_ _)m
作者せっかちなんですよ、あ、自慢じゃないです笑笑
1ヶ月ぐらい後~🌟

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

소현☁︎︎
소현☁︎︎
ちむちむ推しております♡