無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

197
2021/08/11

第2話

" 金指 " 恋愛


私達は、美術部に所属している。






?「あなた先輩!!ここってどう描けばいいと思いますか?こういう風にしたいんですけど.....」





あなた『あ、金指くん!!ここはね....』





そう。唯一、後輩で私に懐いてくれてるのが





金指一世くんだった。





金指「なるほど。勉強になります!」





あなた『ならよかった!!』





金指「ところであなた先輩。今日も、一緒に帰れたりとかしますか?」





あなた『私で良ければ大丈夫だよー!』






金指「何言ってるんですか!!あなた先輩だからいいんです!!!!!」





あなた『え...//』





金指「あ、急にすいません...//」





あなた『いいよいいよ笑』





金指「あ、でもこれ本心ですからね!」






あなた『ありがとう((ニコッ』






それからの部活はいつもより集中ができなかった。






【帰り】






金指「あなた先輩!!行きましょ!!」





あなた『うん!!!』






あなた『あ、ごめん。ちょっとコンビニ寄ってもいいかな???』






と言って、コンビニで買ったものを食べるために公園のベンチに座る。






金指「あなた先輩、!恋愛相談乗ってもらってもいいですか」





あなた『金指くんからそういう話するの初めてじゃない??笑』





金指「僕、今好きな人がいるんですけどその人人気者なんですよ。たまにみせてくれる笑顔とか本当に好きなんです。だけど、この間だって僕と喋ってたのに那須先輩に呼ばれて...。とにかくモテモテなんです。どうアピールすればいいと思いますか?」





あなた『うわ難しいね笑 でもやっぱり、直接告白するしかないよそういう鈍感女は!!((』






金指「ですよね笑 じゃあ」









「好きです。あなた先輩_______」







ーーーーーーーーーーーーーーーーーー





金指くん×恋愛でした🙌🏻



まだまだリクエストお願いします🙇🏻‍♀️♥️