無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

252
2021/08/12

第4話

" 浮所 " 看病


あなた「ひだかぁぁぁぁ!!」





浮所『どうしたの俺のあなたちゃん(』





あなた「なんか、頭がクラクラする」





浮所『え.......←』





(体温計持ってくる)





浮所『はい、これで熱計って?』




あなた「やだ」




浮所『えぇ?!なんでぇ?!』




あなた「だって、熱あったら飛貴に迷惑かけるもん」




浮所『うん可愛い優勝((』





浮所『じゃなくて!!ね?!(?)』





浮所『全然迷惑じゃないから!!』





浮所『寧ろ、言ってくれない方が迷惑!』





あなた「え......←」





(と言って、体温計で測る)





あなた「((ピピピピ」





あなた「あ、終わった((」





浮所『何度だった?』





浮所『え、38.8?!』





浮所『待って、冷えピタとゼリーと飲み物買ってくる!!(部屋を出ようとする)』





あなた「待って、、、。行かないで!!」





浮所『え、、?(思考停止中)』





浮所『えっと、、、』






あなた「一緒に居て欲しい...。」





あなた「ダメ、、、かな?」





浮所『この可愛さに勝て浮所飛貴よ.....((ボソボソ』




浮所『わ、わかった!!』





浮所『((頭撫でる』





あなた「飛貴の手、冷たくて気持ちい((ニコッ」





浮所『ングッ.....((』





そして、あなたちゃんが起きる頃には




きちんと机の上に薬やらゼリーやらがありました。




ちなみにおでこには冷えピタが貼ってありました。




皆さん、これができる男。浮所飛貴です(




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー







すいません。なんかいつものくせでふざけちゃいました((




ふざけるの辞めた方がいいですかね?(真剣)

アンケート

ふざけるのやめて欲しいかどうか(真剣です)←え
やめて
19%
むしろ辞めないで欲しい
81%
投票数: 89票