無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
152
2021/08/23

第7話

" なすりゅ " 幼馴染とクラスメイト




「あなたは大切なお友達だから!!」






「あなたは俺が守る」





「あなた。これからもずっと一緒にいようね!!」












そーえばこんな事言われてたなぁ笑







でも、今は _______________











那須『はぁぁぁぁぁ』






あなた『何そのでっかいため息笑』






那須『今日、目合ったのに話し掛けれなかったぁぁぁ....』






でたでた。雄登の好きな人の話。






毎日この話されてると、昔から雄登に恋してた私が馬鹿みたい。






こんな恋、傷つくに決まってんじゃん。






那須『ねぇ!!あなた!!やっと話せた😭』






那須『まじで可愛いどーしよ』






あなた『そっか...笑』






別に昔から一緒にいるだけで






雄登は私のモノって訳じゃないのに。






そんなん思うんだったら告れよって話なんだろうけど






私にはそんな勇気なくて。







雄登と喋れなくなるよりかは







雄登の好きな人の話を聞いて






アドバイスして







感謝された方が








まだマシかなって。






幼馴染って関係じゃなかったら、






雄登は私の事、1人の異性として






見てくれたのかな______。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









浮所『頑張れ。応援してるよ。』






あなた『ありがと、飛貴。思いぶつけてくるね!』






佐藤『でも本当に一途だよね。那須が羨ましいよ笑』






浮所『まあ小さい頃からあんな事言われてんだもんな。そんなん、昔から意識するに決まってるわ』







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








このモヤモヤを晴らすため、今日は雄登に告白をする。







少しでも可愛いって思って貰えるように、






服もバッチリ。






ロングだった髪も






雄登の好みに合わせ、セミロングに。






今日この日の為に切ってきた。






振られるって分かってるけど







頑張って言うんだ。







あなた『雄登。』






那須『どうしたの改まって笑』






あなた『雄登に大好きな人がいるのも分かってるし、めっちゃ応援してた。だけど、私は小さい頃から雄登の事が大好きです。でも、私と同じくらい雄登があの子の事思ってるなら私のことを振って、、。』






那須『ごめんね。あなた。小さい頃か、好きでいてくれてありがとう。』







あなた『ううん!!あの子の事、幸せにしてあげないと許さないからね?笑』







那須『分かってるよ笑 じゃあ』







あーあ。






私の初恋は、無事終わった。






せめて、今日の為に切った髪の毛には気づいて欲しかったなぁ...笑







佐藤『あなた。((ギュッ』






あなた『どうしたの?龍我くん、』







佐藤『どうしたのって。あなたが泣いてるから。』






あなた『え、、(泣)』






気づかなかった。






あなた『龍我くん、私振られちゃったよ笑』







あなた『もう疲れちゃった笑』







佐藤『…に………よ』









あなた『…え?』







佐藤『俺にしなよ』






佐藤『俺はあなたを振るような那須なんかじゃないし、俺はずっとあなたと那須を応援してたし、でも俺はずっとあなたの事が好きだった。だから、俺にしなよ。』







あなた『私、雄登に未練あるけどいいの?』







佐藤『那須なんか俺が忘れさせる。』







あなた『龍我くんかっこいいから、私なんかが釣り合わないけどいいの?』







佐藤『何言ってんの、あなたは誰よりも可愛い。本当に可愛い。寧ろその逆だよ俺にはもったいないくらい。』







あなた『ありがとう。よろしくね笑』







佐藤『おう!!』






雄登。私、初めての彼氏が出来たよ。







大好きでした。







そして、この龍我とあなたちゃんが結婚するのもまた先のお話______🌷💛








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






たいしょー!!!おたおめ!!!!(誰