無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#いち



母『あなたーー!!!起きなさーい!!』
ん、むりぃ、

母『もう8時よ!!??』

んん.....................            


















は?
えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ


(^q^≡^q^)ドタドタドタドタドダ





父『おぉ!あなた!!おはよ(*^^*)』

ねぇ!!!まま!!
なんでもっと早く起こしてくんないの!??


母『何回も起こしたわよ!!グク君には悪いから先行ってもらったわよ!!』


父『え、僕空気?( '-' )』
はいはいおはよ!

もう朝ごはんいらないから!!

母『あっ!今日から私たち旅行だから、グク君の家に帰ってね!もう言ってあるから!』

え!?聞いてないんだけど(  '-'  )

まあいいや!(え?

気をつけてね!!行ってきまーす!


父、母『はーい!行ってらっしゃい😁』


作者
作者
ちな、現在8時20分。

HR開始👉8時30分。

家から学校まで.......







15分。
オワタ\(˙◁˙)/
☁もう絶対遅刻やんつらみ\(˙◁˙)/

ドンッ💥💥💥

わぁっ!
お爺ちゃん
おっと.......。
あっすみません!!
お爺ちゃん
......。
あ、あのぉ.....??
お爺ちゃん
あぁ、すまない。

お嬢ちゃんは大丈夫かい??
あっ、大丈夫です!!
すみませんでした!┏○))ペコッ

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
作者
作者
あなたちゃんは小さい頃に会ったっきり会っていないのでお爺ちゃんの顔を知りません。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
お爺ちゃん
大丈夫じゃよ(*^^*)
あっ、私急いでるので!!!
じゃあ!!✋

部下1『親父!大丈夫ですか??』
お爺ちゃん
あぁ。大丈夫だ。

部下2『あの子.......もしかして【あの】お孫さんっすか?』
お爺ちゃん
そうじゃ。

部下1『今何歳でしたっけ?』
お爺ちゃん
高校1年生。

部下2『え!じゃあもうそろ来るんですね!めちゃ楽しみo(^o^)o ワクワク』
お爺ちゃん
(睨)

部下2『あっ、すみませんっ😓💦』
お爺ちゃん
☁はぁ。あの子にこんな大役.......。












ごめんな、あなた。




























まさか、こんなことになるなんて。。