無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#じゅうに



キキーッ🚗🚗🚗³₃


お屋敷到着。
☁え。でっか。



めちゃ大豪邸があなたちゃんの目の前に広がっています。


みな
みな
皆様、お入りください。


🚶🚶🚶🚶🚶…))ゾロゾロ




みな
みな
親父はこちらの部屋です。


ガチャッ🚪


お爺ちゃん
おぉ、待ってたぞ😊
じん
じん
お父さん!説明してください!!
お爺ちゃん
まぁまぁ、座りなさい。




....全員着席。

なむじゅん
なむじゅん
きちんと説明してください。
お爺ちゃん
まずは、お前達7人だな。



ジン、ホソク、ナムジュン、ジミン、テヒョン、ジョングクは皆、わしの養子だ。

ユンギはわしの孫だな。
じん
じん
じゃあ、ユンギさん以外の6人は義理の兄弟ってことですか?
お爺ちゃん
そうだ。

そしてあなた。
は、はい!!‪Σ( ˙꒳​˙ ;)
お爺ちゃん
あなたは、



ユンギと同じ、わしの実の孫だ。
し、知らなかった...。
お爺ちゃん
それもそのはずだ。

最後に会ったのは、あなたがとっても小さい頃だったからな。
あ、あの、なんで会わなかったんですか??
お爺ちゃん
......あなたの両親と縁を切ったからだ。
え、なんですか??
お爺ちゃん
....それは最後に話そう。
あ、分かりました。


っていうか、じゃあグクは私の叔父さんになるじゃん!!ㅋ
じょんぐく
じょんぐく
おい、叔父さんってゆーなよㅋㅋ
お爺ちゃん
ん?

なんじゃ、お主ら知り合いだったのか??
あ、家が隣で幼稚園の年長さんから一緒にいたんですよ!





ってあれ?

なんでグクのお母さん達に会ったことないんだろ。














.......。

☁あ、私何かまずいこと気がついた?😇
みな
みな
それは、グクさんのお世話は中学生まで私達、部下がしていましたから。
‪Σ( ˙꒳​˙ ;)

あっ、ミナさんありがとうございます🙇
お爺ちゃん
....この6人はな、みんな親が居ないんだよ。
え......。
ほそく
ほそく
ま、まぁ暗い話は置いといて!!

なんか会った時の反応的に、全員あなたちゃんと知り合いだったりする??
あ、はい!
お爺ちゃん
ほぅ、そうだったのか。
なむじゅん
なむじゅん
ちなみにみんなどんな関係??
じょんぐく
じょんぐく
俺は、家が隣で幼馴染。
じみん
じみん
僕とテヒョンは学校の先輩後輩です!

ね!テヒョン!
てひょん
てひょん
.......。(スルー)
じみん
じみん
.......テヒョン😇
ほそく
ほそく
僕とナムジュニはあなたちの近くに住んでて、最近仲良くなったの!
なむじゅん
なむじゅん
ちなみにホソギと僕は一緒に住んでる
ゆんぎ
ゆんぎ
.......あぁ、俺か。

あなたの従兄弟です。
じん
じん
最後は僕か。(*`・ω・´)キリッ

このわーるどわいd
じみん
じみん
この人知ってる!!

いっつも行列ができてるカフェの店長さんでしょ!
じん
じん
....( ´・ω・`)シュン
じょんぐく
じょんぐく
そそ、俺とあなたの行きつけのカフェの人
じん
じん
や~ジョングガ。

僕とお前達の関係はそんな薄っぺらかったのか!?
じょんぐく
じょんぐく
はい😐
じん
じん
え、即答。😢
お爺ちゃん
全員一応あなたと知り合いなんだな。

じゃあ一緒に住んでも大丈夫か😊
💣
💣






















.......は?