無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

登校14日目[りょう]
[りょう視点]

多分としみつと来るってことはあなたはいつもより2、3分遅く部室に着くはず。

いつもは大体着替えとか全部済ませた状態で5分前に来る。

もう1人の1年マネージャーは基本ギリギリだからあなたの5分後くらいかな。


てことは、2人でいる時間は7、8分か。



そう計算していたら意外にもギリギリにきた。

としみつと何話してたの?ってことくらいしか聞けないかな。

ずっと、時計を見てた。もうすぐもう1人のマネージャーが来るな。


「としみつには呼び捨てで自然にタメ口出るのに俺にはまだ君付けで敬語まじりなんだ?」


そういってあなたの手を隠すようにして手をかぶせた。


そしたらほら、ちょうど顔を近づけたタイミングで扉が開いた。





あのお喋りマネージャーなんて言って回るかな。




明日の宿泊研修、楽しみだね?