無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

登校14日目[としみつ]
[としみつ視点]

なんとなく、ほんとなんとなくなんだけど、

あなたと同じチームになりてーな、って思ってた。

トミーとカンタが来たからうわ倍率上がるじゃんって思ってたけど、どこでも楽しそうじゃーん!ってトミーが言うから一緒のチームになれた。

放課後グラウンドに2人で向かった。

陸上部組は顧問から呼び出しらしい。


としみつ「チーム同じになったな。」

あなた「としみつく…としみつ。」

としみつ「名前くらい普通に呼べって。笑」

あなた「なんか慣れなくて。笑」

としみつ「で?何言おうとした?」

あなた「としみつ、料理とかできるのかなって。」

としみつ「できるげ!」

あなた「そんな怒った言い方しないで。笑
男の子だからって意味だよ。笑」

としみつ「いや、絶対料理できないだろお前って顔してた。」

あなた「や!ゆめまるくんとかしばゆーくんとかてつやくんよりは出来そうだよ!」

としみつ「いや、メンバーの半分より下やんそれは。笑」

あなた「もしかしたらトミーくんとかカンタくん下手かもしれないし!」

としみつ「イメージで言ったら俺より上手いってこと?」

あなた「…うん。笑」


あなたの髪の毛をクシャってして当日覚えてろよ!ってグラウンドに走った。




頭を抑えながら笑った顔は化粧した時のあの顔よりも可愛かった。