無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

登校15日目[しばゆー]
[しばゆー視点]

俺のせいで回復しても尚、嗚咽大臣と呼ばれるゆめまるを横目に友人たちの恋模様を静かに眺めていた。

ついてすぐにドッチボール。

レクリエーション。

特に何も起こらない。

ダンスとかにすればいいのに。

そしたら胸キュン☆青春展開が訪れるのに。

てつやは手汗すごいから起こらんだろうけど。


ゆめまる「さっきから声に出てるけどお前のせいで俺の青春嗚咽大臣だからな。」


ゆめまる、それはオエオエしてるお前が悪い。


それはさておき、りょうととしみつだ。

なにやらバチバチしてる。

あなたちゃんか。


客観的に見るととしみつと良い感じなんだよなぁ。


でも、グイグイのりょうはイケメンすぎるからそれもまたワンチャン。


トミー「え?この人いつもこんな感じ?」

ゆめまる「しばゆーはいつもこんな感じだよ。」


それはさておき、


ドッチボールもそろそろあと一組で終わる。


終わったあなたチームは仲よさげに水分補給。


おっとぉ!りょうがあなたの水を飲んだ!間接キスか!そうなのか!

お?としみつ、お?としみつが?その水を奪い?飲んだぁあ!

トミー「これはバチバチの予感ですね。」

ゆめまる「バチバチでしょうねぇ。」

てつや「君たちなにやってんの。笑」

トミー「恋模様観察。」

てつや「楽しそう。さすがに。」

ゆめまる「しばゆーが実況してくれてるよ。」

てつや「なに起こってたん?」

しばゆー「りょうくんがあなたの水奪って飲んだのをとしみつが奪って飲み干してあなたの水がなくなってメイが怒ってる。」

てつや「うーん…。どうしようかなぁ。」




リーダー的存在のてつやにも悩みはあるようだ。

まとめあげてくれ。リーダー。