無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

登校14日目[ゆめまる]
[ゆめまる視点]

明日は宿泊研修だ。

女の子たちはパジャマがどうの下着がどうのとか話していた。

一方、男子はというとどうやって女子の部屋に忍び込んでお話するかを考えている。

そんなことよりもチームだ。

クラスを6つにわけて夕ご飯を作ったりレクをするチームを決めるので俺らが全員一緒になることはできない。

いつものメンバーで集まってチーム決めを話し合う。

あなた、レイは離れたくないとのことでこの2人がいつも一緒にいる2人はもうひとつ別のチームに入ることになって、

男子は3:2で分かれるかーということになった。

足りないやつは補充することにしよう。


そんな時、声をかけられた。


???「俺らも入れてくんない?」


この2人はいつも仲良しで大体一緒にいる男2人組みだ。


だからと言って閉鎖的ではなくていろんなやつと仲がいいし人当たりもいい。

カンタ「カンタです!初日にみんな自己紹介してるから知ってるかな?」

トミー「俺はトミーって呼んで、なんかここが一番おもしろそうだから入れてほしくて来ちゃったんだよね。笑」

そう言われるとみんな悪い気はしない。



あなた
レイ
りょう
としみつ
カンタ


女の子
女の子
てつや
しばゆー
ゆめまる
トミー


になった。


よくよく聞けば夕飯作りは隣同士のスペースだったら別にみんなで作っていいらしいし、どうでもいいか!って言ってこのチーム分けになった。

てつやはブーブー言ってたけどね。

しばゆーはソワソワしてて、こういう時彼女と同じクラスがよかったんだろうなぁってちょっと可哀想に思った。

まぁ、何はともあれチーム決めも終わったということでもう一度自己紹介をして雑談をした。