無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

登校4日目{りょう]
[りょう視点]

時々メイがムッとした顔で俺を見てくる。

とてもわかりやすい子だ。

多分だけど、あなたと話してる時かな。



りょう「今日は三つ編みじゃないんだ?好きな人出来たとか?」

顔を赤くして「私なんか…。」なんて言うから、

りょう「ふーん、眼鏡とって髪型変えてちょっとメイクすればそこら辺の子よりずっと可愛くなると思うけど。」

って少しからかったら真っ赤な顔で俯かれてしまった。

それが原因かな?

まぁ、女の子のお化粧は魔法みたいなもんだし本当に変わると思うけど。

この子もメイとは違うわかりやすさがあるからついついいじってしまう。

その度に睨まれてる気がして下手な意地悪言えないんだけどね。


この前はあなたの新品の消しゴムに油性ペンでりょうって書いてメイに怒られたし、

そのあとあなたのお弁当の卵焼き食べてまたメイに怒られてる。

その前はあなたの眼鏡を絶対可愛いからって取ろうとして顔を近づけてメイに怒られてる。

ボディーガードがきついんだよなー。



そういえば、顔を近づけた時に良い匂いしたのはちょっとずるいなって思った。