無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

※忘れてた話
体育館で轟と村山が対マンをしている
村上良樹
オラッ!
轟洋介
ウッ
オラー!
村上良樹
(避ける)
轟洋介
!?おr
コツコツ

体育館中には1人の歩く音が聞こえた。みな、その音が聞こえたとたん静かになった
そこに現れたのは、、、
花城 ○○
あ~あ。凄い事になってんね。
花城あなただった。
轟洋介
誰だ。
村上良樹
女なんかいたか?
花城 ○○
花城あなただ。
村上良樹
お〜。凄いね。
轟洋介
花城あなたか、、、
花城 ○○
ねぇ。村山。
村上良樹
さんな。
花城 ○○
はぁ。村山さん。対マンしようぜ。
村上良樹
え。
轟洋介
邪魔すんなよ!
轟洋介
お前には勝てねぇよ!
花城 ○○
、、、(轟の前に行く)
轟洋介
なんだよ。
花城 ○○
(首を蹴る)
轟洋介
ウッ!(倒れる)
おい!お前!
芝マン
調子乗んなよ!
花城 ○○
お前らがな。(飛び蹴りで二人をドミノ倒しにする)
ウッ
芝マン
クソッ
村上良樹
やるね。しようか。
花城 ○○
フッ
花城 ○○
あー。けど、あんたの怪我治ってからにするわ。
村上良樹
は?
花城 ○○
だって、あんた怪我してんだから、私が勝つに決まってんじゃん。
花城 ○○
じゃ、てことで。(後ろを向いて歩き出す)
花城 ○○
それまでに怪我増やすなよ。(手をヒラヒラさせる)
村上良樹
、、、かっけぇ〜!!!!
関虎太郎
うおっ!
古屋英人
うるせぇよ。(村山の頭を叩く)
村上良樹
いてっ!
関虎太郎
ていうか、ホントにやるんすか?
村上良樹
、、、するよ。
村上良樹
帰るぞ
村上良樹
あ、轟ちゃん。轟ちゃんとの対マンはまた今度ね。
轟洋介
クソッ!
村山達が帰る