無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

花城 ○○
んんっ、、、ふぁ〜。ん?ここどこ?
下に降りる
上田佐智雄
あ、あなたおはよ。ニコッ
花城 ○○
あ、佐智雄の家か。忘れてたわww
上田佐智雄
忘れんなよww
上田佐智雄
はい。朝ごはん。
花城 ○○
うわ〜!美味しそう!頂きます
上田佐智雄
どうぞ。
花城 ○○
(´~`)モグモグ
美味しい!
上田佐智雄
フッ良かったww
食べ終わる
花城 ○○
ありがと。もう帰るね。
上田佐智雄
、、おう。気を付けて帰れよ。
花城 ○○
サンキュ。ほいじゃ。
上田佐智雄
おう。また来いよ
花城 ○○
うちにもね。
上田佐智雄
おう。
花城 ○○
佐智雄って料理出来るんだ。初めて知ったわww
花城 ○○
っていうか、服そのまんまじゃん!まっ、いっか。次返そ。
「オラッ!金出せよ!」
「や、辞めてくれ!」
花城 ○○
、、、おっと?行くしかねぇか。
現場に行く
花城 ○○
ちょっとそこのお兄さん達?何してんのかな?(⌒▽⌒)
あ?誰だよお前。
花城 ○○
さあね?ww人から金奪う最低な奴に名前教えっかよ!(回し蹴りをする)
ウウッ!お、覚えとけよ!
花城 ○○
すぐ忘れまーす。←
おじさん
あ、ありがとね。
花城 ○○
大丈夫?
おじさん
大丈夫だ。もしかして、、、花城あなたかい?
花城 ○○
、、、どうだろ?名乗るほどの者でもないよ。おじさん。気を付けてね。
おじさん
ありがとね。
花城 ○○
フフッ
花城 ○○
あ〜。疲れた。ホント朝から体動かねえよクソッ!←