無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

武器無用。拳と足と冷静さで勝つ最強美女
遅い時間に街灯一本だけの道で、1人の女が歩いていた
そこの姉ちゃん。俺と遊ぼうぜ?
花城 ○○
断る。
ん?よく見たら、お前みたいなちっぽけな女いたか?ww
花城 ○○
あ?
うわ〜。弱そうww
花城 ○○
、、、バンッ(男の首を蹴る)
ウッ、、、(気絶する)
花城 ○○
弱すぎるだろ。
花城 ○○
バイバーイ。(歩き出す)
花城 ○○
あ、(立ち止まり、戻る)
花城 ○○
忘れてた。(男の服にカードを乗せる)
花城 ○○
OK。(去る)
そのカードには、こう書いてあった
「退治完了。
     COLD  」
COLDは、クールという文字のイメージからつけた名前だ。
COLDこと花城あなたは、明日、鬼邪高校へと向かう。

そんな1人の女が主人公の物語が、今、始まる。