無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

65
2021/08/14

第13話

これがウワサの、
なんか昼休み3年の女子の先輩に呼び出された
燐堂
燐堂
で、何の用でしょう、せんぱい?
モブ1
あんた!その態度どうにかならんの?!
モブ2
ほんまそれぇ、一年の分際で侑くんたちに近づいてんじゃないわよ!
モブ3
あんたみたいなブスが認められとるとでも思っとん?笑
うっるせーーー


燐堂
燐堂
はぁ、うるっさ
モブ1
はぁ?!あんた、痛い目見ることになるで、、
燐堂
燐堂
やれるもんならやって下さいよ、せんぱーい
モブ1
このっ!!
モブ3
もう行こっ
モブ2
ほんのウザ、覚えときぃよ
えっどっか行った
睨まれたし
まぁ、これから噂の「イジメ」ってのが始まるんだろうねぇ
ま、面白そうだし
燐堂
燐堂
『いっか』





----------------------------



翌日、やっぱりイジメが始まってた


朝きて靴箱を開けると


虫が入っていた


でもこんなのどうっとことない


ちゃんと本人に返してあげようと思います💪


てなわけで教室に虫を持ってきた


え?どうやってかって?


手以外に何があるってんだよ
燐堂
燐堂
おはよ治
治
おう、おはようさ、、?!?!
治
何で机の上虫だらけやねん!!
燐堂
燐堂
えーと、プレゼント??
治
んなことがあるかっ
燐堂
燐堂
まぁまぁ
そう言って


いつも陰口を言っている奴らの方を睨みつけた
モブ4
ッ!
モブ5
やっぱモブ先輩の言う通りや、あの子頭おかしい
聞こえてるんだが
モブ4
バレた、?
モブ5
大丈夫でしょっ
燐堂
燐堂
ねぇ
2人
私は机の上の虫を持って、そいつらの近くへ行った
燐堂
燐堂
これやったの、君たち?
モブ4
っ、!
モブ5
や、やってへんよ〜、そもそもあたしら教室で居ったし、
あなたちゃんの下駄箱触っとらんよぉ、?そんなことするわけないやんか、笑
燐堂
燐堂
何をするわけないの?
モブ5
、え?
燐堂
燐堂
私、虫持ってきただけなんだけど
2人
燐堂
燐堂
だぁれもあんたらが私の靴箱に何かしたなんて、、言ってねぇんだよ
2人
?!
モブ4
あ、、
燐堂
燐堂
まぁ!確証は無いわけだし、何も言わねーけどさ
燐堂
燐堂
気をつけといた方が、いーと思うヨ?
モブ5
私たち行くねー!ごめんねなんか!
モブ4
ごめんなさいッ!
モブ5
行こっ!
そして2人は教室から出て行った


まぁ、ほとんど人いなかったし、大丈夫でしょ
治
お前、どしたん
燐堂
燐堂
え?あー、虫退治♡
治
あ、ハイ
(女子怖っ)



----------------------------


なんかよくわからんくなっちゃいました



最後とか特に



そこでっ!



実は陰から起きた出来事を全部見ていた宮侑さんから一言ッ!


侑
変な奴やとは思っとったけど、虫素手で触るとか、
やっぱ頭おかしいってな、あいつは、うん、やっぱそうや

以上、作者と宮侑でした〜!
侑
次回も楽しみにしといてや〜