無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

98
2021/11/22

第10話

青春開始
長い間、活動をサボってしまいすみませんでした💦


アンケートの結果、


今のところ変更してもいいと言う方が多いので


変更させていただくことにします!


ご協力ありがとうございました🙇‍♀️


では、本編をどうぞ!




----------------------------
それから色々あって、


今練習を見学している


なんかみんなバレーだとすごいんだなと思う


悔しいけど宮侑のサーブがすごい、あとトスも


正確に丁寧なトスがスパイカーのところへ行く


それに角名のブロック、体幹がえげつない


ちょっと感動していると声が聞こえた
治
あなた!ボール!!!
燐堂
燐堂
ん?
なんだ?


あ、流れ玉か、


燐堂
燐堂
よっと
ボールを蹴り上げてみた
                                   ・・・・・・
燐堂
燐堂
なっなんですか皆さん驚いた顔して
尾白アラン
尾白アラン
そっそうやな!大丈夫だったか燐堂!
治
ごめんな、俺のんが飛んでった、すまん
燐堂
燐堂
おう、何ともないから大丈夫だぞ!
上手く受けれたから本当に何ともなかった
治
そうか、良かった



----------------------------


それから練習も無事終わり、帰宅することになった
北さん
北さん
燐堂ー
帰る準備をしていると、北さんに呼ばれた
燐堂
燐堂
はい、何でしょう北さん
北さん
北さん
さっきはすまんなぁ、俺の不注意やった
燐堂
燐堂
いえいえ!怪我もなかったですし、全然大丈夫ですよ!
燐堂
燐堂
それよりどうしたんですか?
北さん
北さん
あぁ、今日の練習見よってどうだった?
そう聞かれた
燐堂
燐堂
正直、少し感動しました
ど素人の私が言うのもアレですけど、
もっと見たいなって思いましたよ
燐堂
燐堂
マネージャーやって、皆さんのこと
サポートしたいと思います
みんなの練習を見て、支えてやりたいなって思った


私は喧嘩してたから部活できてなかったし、


ここまで感動したのは久しぶりだった
北さん
北さん
そうか、じゃあ明日からよろしく頼むな
燐堂
燐堂
はい!
私の青春が始まった