無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
63
2021/08/17

第15話

嫌いじゃない
あれから数日経ったが


まだイジメは続いている


やっぱりちょっとショックだよね


そしてある日


まぁた三年の先輩に呼び出された


昼休み潰れるだろぉ?!


モブ1
あんた、うちの後輩に手ぇだしたんやって?
燐堂
燐堂
私は虫プレゼントしてあげただけです
ていうか返してあげただけです
モブ2
ほんまに生意気!
そういって頬を叩かれた
モブ3
いい気味w
モブ2
でも、これからだからね?
そういうとでっかい男かきた
モブ1
やっちゃってよ
でっかい男
いいぜ〜
するとでっかい男は腕を振り上げて


殴ろうとしてきた
やばい
そう思って身構えていると、来るはずの衝撃がこなかった
燐堂
燐堂
顔を上げるとそこには
燐堂
燐堂
侑、?
侑がいた
モブ1
あ、侑くん?!
モブ3
何でここに!
侑
うるさいわ黙れ喧し豚
そう言って背筋が凍るような視線を先輩に向けた
侑
お前、こんなことなっとんやったら早よ言えや
燐堂
燐堂
、、だってこんなのどーってことなかったし
侑
嘘言うなや、最近元気なかったで
嘘だろ


なるべくバレないよう気をつけていたのに
侑
ていうかお前顔腫れとるやん
燐堂
燐堂
あ、ほんとだ
触ってみると少しひりついた
侑
保健室いかんと
燐堂
燐堂
あーうん
モブ1
あ、侑くん!待ってや!
先輩がそう叫んだ
侑
俺の名前気安く呼ぶなや、きしょ
そう言ってスタスタと歩く

後ろから先輩がすごく睨んでくる


まぁこれから関わらない予定だし、私も睨み返してあげた






----------------------------
保健室に着くと、先生がいなかったので


侑が手当てしてくれた
燐堂
燐堂
なぁ、
侑
ん、なんや
燐堂
燐堂
侑さ、私のこと嫌いだろ?なのに何で助けてくれたんだよ
侑
別に、たまたま通りかかっただけやし、
ほれに嫌いとちゃうし、
燐堂
燐堂
え、嘘つくなよな
侑
嘘とちゃうわ!お前俺を何やとおもっとるん?!
燐堂
燐堂
どうどう
侑
馬とちゃうねんッッ!
燐堂
燐堂
まぁまぁ
燐堂
燐堂
でも、ありがとな
私も侑のこと嫌いじゃねーよ
侑
、いきなりそんなん言うなや
燐堂
燐堂
いや何でだよ
侑
うるさいわ!
侑
、、ん、手当て終わったで
燐堂
燐堂
お、あざーす
燐堂
燐堂
んじゃ、教室帰るか!
侑
おん







----------------------------



教室に帰るとめっちゃくちゃ治に心配された


まぁ適当に言っておいた
治
ちゃんと言わんかいッッ