無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

電話
〜夜〜
プルルル、プルルル、プルルル……ピッ
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
はい、もしもし
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『あ、結翔?』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
そうだよ、どうしたの?
こんな時間に
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『明後日の事なんだけどデート、やっぱりバラバラで行かない?』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
ふふふw
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『なんで笑ってんの?w』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
造像してたのと同じだなって思ってw
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
絢と詩花が話すために
バラバラにしようってことでしょ?
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『正解。はじめから結翔のことだし、分かってたんでしょ?』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
ん〜それはどうだろうね
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『私には言ってくれてもいいじゃん』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
好きだから大切だからこそ、言わない方がいいこともあるよ
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『そうなの?』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
俺はそう思うよ
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『…分かったならもう聞かないよ』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
ありがと、清花
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『いえいえ?ww』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
www
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
清花と話してると落ち着くわ
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『奇遇だね、私も今そう思ってた。』
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『あ、明日なんだけど詩花とデートの時のお洋服見に行くね』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
ん。分かった
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『結翔はどんなのがいい?/////』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
清花、照れてる?w
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『照れてないよ!もう…』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
俺の好みかぁ、
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
清花かわいい系の服似合いそう。
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『分かった!』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
ちなみに詩花はカッコイイ系が似合うと思うよ
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『ん〜分かった』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
絢にはこれ伝えたの?
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『詩花がメールしたって』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
なんで清花はメールにしなかったのw
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『今日あんまり話せなかったから…』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
可愛いなぁ、明日と明後日の事は分かったよ。もう遅いしそろそろ寝よ?
清花(キヨカ)
清花(キヨカ)
『うん、おやすみ!結翔』
結翔(ユイト)
結翔(ユイト)
おやすみ、清花
NEXT→