無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

Ep14





こんな生活いつまで続ければいいのだろうか









何年?何十年?









そんなの嫌だ









早く、幸せな生活に戻りたいだけなのに









何でこんな思いをしてまでこんな仕事を引き受けたんだろう









だけど、引き受けなければユンギさんとは出会わなかった









だけど、両親が死んだことは知られたくなかった









あなた

叔父さん

叔父さん
ん、ん?
あなた

これ以上余計なこと言わないで

あなた

次、余計なこと言ったらこの仕事辞めるから

叔父さん
ごめん…。
JK
そこまで言わなくてm…
あなた

そこまで?

あなた

あなた達に何が分かるんですか

あなた

最愛の両親を亡くした私の気持ちが

あなた

あの殺人鬼がどういう殺し方をしたか分かりますか?

叔父さん
〇〇…
あなた

笑いながらです

JK
っ……
あなた

あの笑顔が12年経っても尚消えないんです

あなた

そんな苦痛があなた達に分かるんですか

あなた

分かるわけない…

あなた

もう…

あなた

これ以上、犠牲者を出したくないんです






もう…









両親のような犠牲者を出したくない…









だからこそ、マネージャーとして
1人の人間としてこの人達を守らなければならない









辞めると言ったり、守ると言ったり
私は一体何がしたいんだろう