無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

Ep25









記念すべき家族との時間









この時間を大切にしなきゃ…









あなた

電気消しますね

YG
何で敬語?
あなた

え…

YG
俺ら家族なんだし
普通に話そうぜ
あなた

家族…?










それを聞いた途端涙が出てきてしまった









YG
〇〇?










今日の私は涙脆い









今だけは弱い私でいいのかな…









泣き虫の私でもいいのかな…









どれだけ涙を拭いても
涙はどんどん出てくる









いつの間にか服は涙でいっぱいだ









口の中に涙が入ってきて
口の中はしょっぱい









私がずっと涙を垂らしていると









ふわっと抱きしめられた









その体はとても温かくて
お母さんの温もりと同じだった









YG
よく頑張ったな
YG
1人で何もかも背負って
YG
〇〇は凄い子だ
YG
もう我慢なんかしなくていい
YG
泣きたかったら泣けばいい
YG
そん時は俺がいるから










ああ…









どうしてユンギさんは
私が欲しかった言葉を言ってくれるんだろう









言葉の掛け方がお父さんと一緒だ…









お母さん…お父さん…









私、頑張ったよね?









もう我慢なんかしなくていいよね…?









甘えてもいいんだよね…?









これからは1人で背負い込まなくていいよね…?









ユンギさんを家族として見ていいんだよね…?









教えてよ…









YG
俺は〇〇の見方だから
YG
時間が掛かってもいい
YG
俺をオッパって呼んでくれ
YG
俺を家族として見てくれ










ユンギさんは私の心が見えてるんだね…









流石だよ…









オッパ…