無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

Ep49


ジミンさんに叩かれたところが
ずっとヒリヒリしている



痛みを我慢できなくなり
私の目から涙が落ちた



その私の涙にジミンさんは
気づいていないようだった



私の涙は早く気づいてと言っているのか
ずっと私の頬を伝り続けている

あなた

出て行ってください…

JM
〇〇…
あなた

出て行って…

JM
〇〇!
あなた

………

JM
僕、〇〇に何かした!?
JM
今の〇〇なんか…


それ以上言わないで…



言いたいことぐらい分かってる



"嫌い"って言いたいんでしょ?



そんなの自分でも分かってるよ



私は私が大っ嫌いだ



死ぬほど



いっそ殺してやりたいほど



大切な人を傷つけることしか
できないんだから



何度も何度も自分の胸にナイフを突き当てた



なのにその傷はいつも治ってしまう



治らないでと思うほど治ってしまう




早くこの時間が過ぎてほしいって思うのに



こういう時に限って時間は過ぎてくれない



何でかなぁ…



私はジミンさんとこれからも
仲良くやっていけると思ったのに…



神様は私の願いなんて聞いてくれないんだね…



意地悪な人だよ…



きっと私にはこれからもずっと
苦しくて辛くて悲しい生活が
送られ続けられる



幸せになりたいと思うほど
幸せになれなくて



不幸になりたくないって思うほど
不幸になっていく



泣きやみたいって思うほど
泣きやめなくて



泣きたいって思うほど
泣けない



ずっとこの生活だった



笑いたいって思うほど
笑えなかった



お母さんとお父さんが大好きだと
言ってくれた笑顔を絶やさずに
頑張ってきたのに…



もう疲れちゃった…



笑うってなんなのか



泣くってなんなのか



辛いってなんなのか



悲しいってなんなのか



何もかも分からなくなってしまった



人形にでもなってしまうのか



それでもいい



人形にでも何にでもなってしまえ



笑えなくて泣けなくて



感情のない人間になってもいい



1からやり直せるなら



またジミンさんと仲良くなれるなら



人形になってもいい