無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

Ep32









今日の事があって
今日は早めにあがらせてもらった









オッパに連絡先を教えてもらい
何時に帰ってくるかも聞いた









けど、ジミンさんが気になってしまう









ジミンさんはダンスに熱心だ









いつも夜中までダンスを練習しているそう









だけど、今日みたいな事があって
さぁ頑張ろうってなるのかな









ましてや否定されてるような事までされたのに









ショック受けただろうな…









そんな事をずっと考えていると
オッパが帰ってきた









けど、ジミンさんの事ばかり考えすぎて
オッパが帰ってきてることなんて
気づきもしなかった









YG
〇〇?
あなた

あ、どうしたの?

YG
ご飯は?
あなた

ご飯…?

YG
メールしただろ?
あなた

え…











携帯を見てみると

「今日、ヤンコチが食べたい」





そう送られていた









あなた

ご、ごめん

あなた

すぐ作るね

YG
いいよ
あなた

………

YG
食べに行こ
あなた

え、あ、うん…










誰かとご飯に行くのは
6年ぶりぐらい









久しぶりに行くのが
オッパっていうのは嬉しいことだけど
やっぱりジミンさんが気になる









今は何をしているのかなとか
落ち込んでいないかなとか









そんな事ばかりが頭の中で
グルグルとしている









私がずっとそういう顔をしていると









YG
ジミンの事で悩んでるのか
あなた

え?

YG
そんな顔してる
あなた

そ、そんなわけ…笑

あなた

ほら!食べよ!









そう笑って誤魔化したけど



オッパには効かなかったみたい









YG
無理ばっかすんな
YG
今日の事で何か引っかかってんだろ?
あなた

………

YG
図星か
あなた

テヒョンさんが私に抱きついた時
ジミンさんみたいな事がなかったの

あなた

否定してるみたいだった…

あなた

そんな事したくなかったのに…










私ってほんと泣き虫だな…









いつからこんな泣き虫になったんだろ…