無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

Ep7





叔父さんが扉を開けるとそこには7人組のグループの男性がそこにいた











メンバーの人はみんな驚いたような顔でこちらを見る












その視線が私を苦しめるのだ











あなた

見ないで…ください。

NJ
えっと…その方はどなたですか?
叔父さん
この子は僕の弟の娘さんだよ
NJ
実の娘さんではないんですか?
叔父さん
まあね
あなた

私、もう行っていい?

叔父さん
ああ、すまなかった
行っていいよ、また呼ぶからね




私は、叔父さんが言い切る前にあの部屋を出た











あの空間にいるのは辛いや