無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

Ep33









オッパの前で泣くのは2回目









私って意外と泣き虫だったんだ…









あなた

ずっと気になるの…

あなた

ジミンさんのことが…

あなた

否定してるみたいになった時からずっと…

あなた

ちゃんとダンスを取り組んでいるのかな…
気にしてないかな…
ちゃんと笑えているかな…って

YG
大丈夫だ〇〇
YG
ジミンはちゃんと笑ってたし
ダンスも取り組んでいた
YG
けど、ダンスが苦手なジニヒョンから
注意を受けていた
あなた

え…?

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
〇〇が帰った数十分後

YGside



〇〇が帰ってから俺達はいつも通りダンスの練習をしていた









でも、さっきからジミンの様子がおかしい









みんなとのダンスもズレているし
ダンスを何度も間違えてやり直し









いつものジミンではなかった









TH
ジミナ…大丈夫?
JM
ん?何が?
TH
さっきからダンス間違えてばっかだよ…
JM
あー…。
体がなまってるのかな?笑








そういつもの笑顔で話してたけど
テヒョンは気づいているみたいだ









デビューの時からずっと一緒だし
2人は本当に仲がいい









そんな2人だからこそ
お互いの変化にもすぐ気づくのだろう









そして、また踊り始めると









JN
ジミン、そこ違うよ
JM
すみません。
JM
もう1回お願いします
JK
もう何度やっても同じですよ…。
JN
今日は休もう
JN
解散。
JM
……





ダンス熱心なジミンにとっては
この状況が酷だ









好きなダンスを好きなだけ踊れない









そんな事ジミンには辛すぎる









今頃〇〇はずっとジミンの事気にしてるんだろうな…