無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

Ep48



JM side



〇〇はまた自分を傷つけようとした



どうして…?



間一髪の所で食い止めた



だけど、〇〇は僕が来たことに
驚いているようだった



そんな事はいい



〇〇が助かっただけで



〇〇には傷1つつけさせない



JM
いい加減にしてよ〇〇…
JM
どこまで自分を傷つければ気が済むの?
〇〇
こうでもしないとダメなんです…
〇〇
自分を傷つけたら何か変わるかなって



そう言って〇〇は笑った



それも作り笑い



〇〇が作り笑いをする時




必ず人差し指を触りながら笑う




僕はそんな〇〇が許せなくて




初めて〇〇を叩いた




僕の手のひらはヒリヒリしている




JM
どうして〇〇は約束を破っちゃうの…?
JM
僕との約束忘れちゃった…?



〇〇はずっと自分を追い詰めているんだと思う




きっと僕のせいで




今まで通りの僕でいよう




その方が〇〇のためになる




そう思ったけど




いつも通りの僕が分からなくなってしまった




今までの僕はどんな僕だったのかな…




いつもニコニコしている僕?




違う…




もう何がなんだか分からないや…




テヒョンが大好きだと言ってくれた笑顔を絶やさずにやってきた




だけど…




もう疲れちゃった…笑




僕は




一体何がしたいんだろ




〇〇を守ることで精一杯だった




でも




守ることよりも大事なことがあるはず





いや




守ってあげることしかできない





それしか思いつかない




僕は





〇〇を守らないといけない




〇〇が死ぬのなら僕も死ぬ




きっと




〇〇に"依存"してしまっているんだ