無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

Ep21







今日の出来事があってからユラは私にデレデレになった









そして、仕事も前よりも真面目に取り組むようになり、マネージャー兼メイクとして働いている









そして、彼らにも1つの変化が









JK
ヌナー!
TH
ヌナは僕のだよ
JK
いや、何言ってるんですか?笑
JK
ヌナは僕のですよ
TH
僕のだって言ってるじゃん








そう、私の争奪戦が行われるようになった









NJ
〇〇さん困ってるだろ
2人ともそこまでにしろ
TH
ヒョンだってヌナの事
大好きなくせに
NJ
なっ///
あなた

あの

あなた

私は誰の物でもないので

YR
〇〇は私のだもんね〜









うん、話聞いてた?









誰の物でもないって言ったじゃんか









ジンさんは1人黙々と楽屋に置いてあったご飯を食べていて




ジミンさんは画面をニヤニヤと見ていて



ユンギさんは座りながら寝ていて



ホソクさんはステージで踊っていたとは思いきれないほど静かだった







ほんと理解したくてもできないグループだ









けど、ここに来たおかげで私の生きる意味を教えてくれた









お母さんとお父さんにも知らせなきゃな…









そして、仕事が終わり
私はここから少し離れた所にある
お墓に行った









お父さんとお母さんのお墓には
1人の男性がいた









その男性のお参りが終わり
立ち上がった時、その男性を顔を見たら









あなた

え…?

・・・
何でここにいんの?








そこにはユンギさんがいた









あなた

お母さんとお父さんのお墓参りに…

YG
お母さんとお父さん?
あなた

は、はい

あなた

ユンギさんはどうしてここに?

YG
ここ、俺の母親と父親のお墓






そうユンギさんが悲しそうな顔で
お墓を見ながら言った









この日、ある事実が発覚した









亡くなったと知らされたユンギさんの
ご両親は私のお母さんとお父さんだった









じゃあ、この人が私のお兄ちゃんなの…?