無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

Ep50


その後ジミンさんがこの病室に
来ることはなかった



私だけだった



ジミンさんを待っていたのは



担当で来るメンバーの人達も
ジミンさんに関しては何も
教えてくれなかった



だけど、ジョングクさんだけは
ジミンさんの事について教えてくれた

JK
ジミニヒョンは…
JK
全部自分のせいにしてた…
あなた

………

JK
僕が〇〇を守らなかったから
〇〇は事故に遭ったんだって…
JK
もう〇〇には関わらないようにするって言ってたよ…
あなた

………



そこまで言われてしまうと
私のプライドもズタズタだ



まさか関わらないようにするって言われるなんて



私って人を傷つける悪魔なんだ



やっぱりここには来るべきじゃなかった



ジミンさんと会わなければよかったのかな



会わなければジミンさんは
今まで通り過ごせていたのかな



嫌でもそう思ってしまう

あなた

どうすればいいですか…?

JK
え…?
あなた

ジミンさんと仲良くするにはどうすればいいですか…?

あなた

このまま関われないのは辛いです…グズ



涙脆くなったなぁ…笑



今だけは誰かに抱きしめてもらいたい



これってわがままなのかな



わがままじゃないのなら言いたい



"抱きしめて"って

JK
ヌナはさ
JK
ジミニヒョンのこと好き?
あなた

………

JK
いい加減素直になりなよ
JK
いつまでも意地張ってないでさ
JK
どうして自分の気持ちに
嘘ばかりつき続けるの?
JK
そんなことしてなにか変わるの?


意地なんて張ってない



嘘なんてついてない



そう自分の心に何度も言い聞かせた



だけど、ジョングクさんが言うのなら
そうなんだろう

あなた

私は…

あなた

ジミンさんの事が好きです…

JK
それをどうしてジミニヒョンに伝えなかったの?
あなた

言ったら…

あなた

言ったら今の関係が壊れてしまう…

あなた

そう思って言えなかった…

JK
ジミニヒョンはずっとヌナの事を待ち続けてるよ
JK
今ならまだ間に合う
JK
ほら
JK
行ってきな
あなた

ジョングクさん…

JK
早く!
JK
ジミニヒョン待つの嫌いだから
怒られるよ〜?笑
あなた

行ってきます…!

JK
うん!


ジョングクさんのおかげで



本当の自分を取り戻せた気がした



ジョングクさんのおかげで



今、歩き出せた



ジョングクさんのおかげで



やっと気持ちを伝えられる



今日はジョングクさんに助けられた日



お礼としてジョングクさんの好きな
バナナキックを1箱分ぐらいあげないとな…笑