無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

909
2021/10/29

第40話

# 39

「 …ん、 」










夜中、月明かりが差す部屋で目が覚めた

布団の中から聞こえる荒い呼吸










「 あなた、? 」










『 っは…ぁ… 』










「 大丈夫。あなた、俺を見て 」










『 け、と…泣 』










目が虚になって過呼吸を起こしていたあなた

腕からは軽く血が出ていた










「 大丈夫、俺はいるよ 」










『 っん、…ぅ泣 』










「 …不安に、なった? 」










『 ぅ、…ん泣 』










「 ごめんね、 」










暫く背中を擦っていたら安心したのか

呼吸が安定した










「 この腕どうしたの、 」










『 こ、わ…くて…  んだ…、 』










「 これから噛みたくなったら、俺に言うんだよ 」










『 (コク) 』










「 ん、大丈夫 」










俺の服の裾をぎゅっと握っていたのが

だんだん力が抜けてきて規則正しい音が聞こえてきた










「 …あなた、? 」










『 zz… 』










「 ん、(頭撫でる) 」










リビング










「 はぁ、… 」










松村「 あれ、健人さん起きてたんですね 」










『 まあ。あなたが少し乱れちゃって 』










松村「 あなたさんが?今は大丈夫ですか? 」










「 今は落ち着いて眠ってる。 」










松村「 健人さん少しだけお話良いですか? 」










「 良いけど、何? 」










松村「 …実は 」










♡×10